トップページへ。シンスプリントオスなどのスポーツ障害や体の痛みを解決する田中オーソパシックオフィスのホームページです。 シンスプリントなどのスポーツ障害や体の痛みを解決する田中オーソパシックオフィスのアニメーションです。
The Fascial Distortion Model (FDM) is am anatomical perspective in which the underlying etiorogy of virtually musculoskeletal injury is considered to be comprised
of one or mere of six specific pathological alterations of the body's connecting tissues.
 
田中オーソパシックオフィス 〒824−0038 福岡県行橋市西泉3−17−1 TEL 0930−23−8851
良くある質問お問い合わせサイトマップ 
 田中オーソパシックオフィスの公式ホームページ スポーツ障害
トップページ>(disorder)>スポーツ障害>症例 NO,5
☆FDMとは?
☆施術の説明
☆FDM MOVIE
☆施術時間と料金
☆プロフィール
☆アクセス
☆注意事項
☆リンク集
☆最寄の宿泊施設
☆What's new!
 【症例5】 11歳 男性 足の指の捻挫

 地元のサッカーチームで活躍するAさんは、学校の階段で足を踏み外し右第一趾を底屈捻挫しました。 その日の午後に当院を訪れたAさんは、足の親指を床に付けることが出来ず、背屈させたまま足を引きずって歩いていました。
スポーツ障害 症例5
 Aさんの状態は顕著な腫脹が無いこと、損傷時に骨折音が聞かれていないことから、骨折(剥離骨折を除く)はしていないと判断されました。また、足趾を極端に低屈させたと言う損傷の理由、足背面指節関節から近位に向かい指で撫でるしぐさ、そしてそのコースに沿って激しく走る痛みという説明から組織異常のタイプを分類され対応する方法で矯正されました。
 激しい痛みを伴う矯正の後、Aさんは正常な歩行を取り戻しましたが、走る、飛び跳ねる、そして足趾を強制的に底屈させる動作での痛みは依然として残存していました。 指にの損傷は非常に小さく繊細であるため、行われた矯正が微細な異常を完全には取り除けなかったと考えられ、そしてAさんが残存する症状のコースを明確に認識出来なかったので、Aさんの足趾にマジックで数本の予想される経路を書き、どのコースが実際の症状のコースに類似するかを確認した上で再度、矯正が行われました。

 室内での症状を誘発させる動作の全てに痛みを感じることのなくなったAさんの施術は、数日後の試合に出場したいと言うAさんの要望から野外で続行されましたが、全力で走る、そしてボールを全力で蹴る動作に症状はないと確認されたため終了しました。 以後、症状が再発したときには直に来院するように指示していましたが、Aさんがオフィスを訪れることはありませんでした。



スポーツ障害のトップページへ戻る
管理者 田中啓介,FDM.O. (たなかけいすけ)

Page-TOP
▽頭痛
▽鞭打ち症
▽五十肩
▽肩凝り
▽腰痛
▽坐骨神経痛
▽椎間板ヘルニア
▽脊柱管狭窄症
▽スポーツ障害
▽野球肩
▽野球肘
▽テニス肘
▽股関節の痛み
▽肉離れ
▽オスグット病
▽ジャンパー膝
▽シンディン・ラーセン・
  ヨハンソン病
▽シンスプリント
▽足首捻挫
▽セバー病
田中オーソパシックオフィス 〒824−0038 福岡県行橋市西泉3−17−1 TEL 0930−23−8851
FDMとは施術の解説FDM MOVIE施術時間と料金プロフィールアクセス
注意事項リンク集最寄の宿泊施設What's new! | オステオパシー | セミナー

Copyright (C) 2008 Japan Orthopathic Publications. All Rights Reserved.