トップページへ。 田中FDMオフィスのアニメーションです。
The Fascial Distortion Model (FDM) is am anatomical perspective in which the underlying etiorogy of virtually musculoskeletal injury is considered to be comprised
of one or mere of six specific pathological alterations of the body's connecting tissues.
 
田中オーソパシックオフィス 〒824−0038 福岡県行橋市西泉3−17−1 TEL 0930−23−8851
良くある質問お問い合わせサイトマップ 
 田中オーソパシックオフィスの公式ホームページ
トップページ>FDMとは?
☆FDMとは?
☆施術の説明
☆FDM MOVIE
☆施術時間と料金
☆プロフィール
☆アクセス
☆注意事項
☆リンク集
☆最寄の宿泊施設
☆What's new!

【FDMとは?】

 FDM(フェイシャルディストーションモデル)とは、カイロプラクティックオステオパシーとは異なり、『捻挫や肉離れなどの怪我、腰痛や肩こりなどに痛みを体に生じた変化によるものと捕らえ、それらの種類を見分け、独自の方法で元に戻すことにより治癒させる』と言う新たな手技療法(欧米では医学)です。

何故効果があるのか?

 怪我や痛みは、何らかの外力により引き起こされた体の変化です。変化のない人には無く症状もありません。したがって変化を元にしたなら、損傷はなくなり症状も消失します。変化を元に戻すためには、その種類を認識しなければなりません。そしてそのタイプに対応した方法で矯正することのみによって苦痛を取り除くることが出来ます。

 矯正は、直接的手技によりのみ元に戻されるので、ある程度の痛みを伴います。しかしそれは選択された方法が適切であり、確実に矯正が成されていることを意味します。もし適切に矯正が成されていないなら、それは患部に影響しないので、患者さんは痛みを感じることはありません。したがって矯正は成されておらず、症状には何も変化が起こりません。適切な矯正は、例え非力な女性が矯正を行ったとしても、患者さんに痛みとして感じられますが、それは矯正が適切に成されたことを意味し、したがって症状の即時の減少、あるいは消失をもたらします。

 この様に、FDMとは損傷を適切な矯正により正確に元に戻し、治癒させるようにデザインされた技術です。

 より専門的解説は、FDM アジアン アソシエイション のホームページをご覧ください。
TOP
▽頭痛
▽鞭打ち症
▽五十肩
▽肩凝り
▽腰痛
▽坐骨神経痛
▽椎間板ヘルニア
▽脊柱管狭窄症
▽スポーツ障害
▽野球肩
▽野球肘
▽テニス肘
▽股関節の痛み
▽肉離れ
▽オスグット病
▽ジャンパー膝
▽シンディン・ラーセン・
  ヨハンソン病
▽シンスプリント
▽足首捻挫
▽セバー病
田中オーソパシックオフィス 〒824−0038 福岡県行橋市西泉3−17−1 TEL 0930−23−8851
FDMとは施術の解説FDM MOVIE施術時間と料金プロフィールアクセス
注意事項リンク集最寄の宿泊施設What's new!


Copyright (C) 2008 Japan Orthopathic Publications. All Rights Reserved.