セバー病 セーバー病(かかとの痛み)
オステオパシー 最新手技、FDMを実践する 田中オーソパシックオフィス
トップページへ。 田中FDMオフィスのアニメーションです。
The Fascial Distortion Model (FDM) is am anatomical perspective in which the underlying etiorogy of virtually musculoskeletal injury is considered to be comprised
of one or mere of six specific pathological alterations of the body's connecting tissues.
 
田中オーソパシックオフィス 〒824−0038 福岡県行橋市西泉3−17−1 TEL 0930−23−8851
良くある質問お問い合わせサイトマップ 
 田中オーソパシックオフィスの公式ホームページ セーバー病(セバー病) かかとの痛み
トップページ>(disorder)>セーバー病(セバー病)
☆FDMとは?
☆施術の説明
☆FDM MOVIE
☆施術時間と料金
☆プロフィール
☆アクセス
☆注意事項
☆リンク集
☆最寄の宿泊施設
☆What's new!

セーバー病

(セバー病、シーバー病、成長痛と言われる。)


 成長期の踵の痛み、セバー病(踵骨骨端炎)に対する、一般的に行われている処置や柔道整復整骨院)、整体カイロプラクティックオステオパシーなどの手技療法フェイシャルディストーションモデル(FDM)の考え方と対処法を比較し、最新手技医療の即効性と必要性をここに紹介します。  b
セーバー病とテニス。

セーバー病とは?

 セーバー病踵骨骨端炎)とは、オスグッド・シュラッター病シンディング・ラーセン・ヨハンソン病などの骨端症の一つです。オスグッド病は12歳から15歳で発症するのが一般的ですが、セーバー病は、10歳くらいの、特に男子に発生するスポーツ障害とされています。男女を問わずスポーツが盛んにおこなわれるようになった現在では、女子にも頻繁に発症するようになりました。発育途中の踵に繰り返し負担をかける、運動によるアキレス腱の牽引が、最終的にはレントゲンで確認できるほど骨の異常を起こさせる骨端症(骨の変形、異常)です。 その痛みは非常に強く、疼き、ひどくなると歩行やランニングだけでなく、靴を履くことすらできません。この疾患もまた、スポーツに打ち込む少年期の大切な時間を無駄にさせ、将来の可能性を秘めた才能を、その世界から消失させる疾患の一つです。それにもかかわらず、単に“成長痛”として無責任に片付けられています。しかし冷静に考えたなら、人間が成長する過程で痛みを発生させるなど、馬鹿げた話はあり得ません。セーバー病のかかとの痛みは、実際に経験した者にしか分らない、辛く激しい痛みです。「子供だから大丈夫」だとか「大した事は無い」と言われる子供には非常に残酷な話です。

 セーバー病を『患部を直接施術する』と言う方法は、FDM以外のオステオパシーカイロプラクティック整体には存在しません。もしそのような宣伝やホームページがあったなら、浅はかな引用による悪化が懸念されます。十分にお気を付けください。またお問い合わせください  3

  ☆ご覧になるトピックをクリックしてください。

【現代医学では】
  現在のセバー病に対する一般的な解説です。


【他の民間療法では】
  民間療法とセバー病は無関係です。


【FDMでは】
  フェイシャルディストーションモデルでの考え、対処法を紹介しています。


【どのくらいで治るのですか?】
  平均的状態とその施術に必要な期間について。


【重要ご注意】
 FDMによる施術は、独自の専門技術です。浅はかな引用は症状の著しい悪化を招きます。たとえ広告やホームページ等に『患部を直接』、『松葉杖を着いた状態から』などと言った掲載があったとしても、必ず当院、FDM公式ホームページFAA事務局にFAA会員施設であるかお問い合わせください。

 フリー百科事典 ウィキペディア日本語版によると、セバー病は、柔道整復師等の業務範囲ではないようです。にもかかわらず電気治療やストレッチ、テーピングなどを保険適用で行われているようです。私たちの大切な保険制度を保護するため、このようなことは正して行かなければなりません。

柔道整復術」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2011年01月12日16時(日本時間)現在での最新版を取得。

管理者 田中啓介,FDM.O. (たなかけいすけ)
 
TOP
▽頭痛
▽鞭打ち症
▽五十肩
▽肩凝り
▽腰痛
▽坐骨神経痛
▽椎間板ヘルニア
▽脊柱管狭窄症
▽スポーツ障害
▽野球肩
▽野球肘
▽テニス肘
▽股関節の痛み
▽肉離れ
▽オスグット病
▽ジャンパー膝
▽シンディン・ラーセン・
  ヨハンソン病
▽シンスプリント
▽足首捻挫
▽セバー病
田中オーソパシックオフィス 〒824−0038 福岡県行橋市西泉3−17−1 TEL 0930−23−8851
FDMとは施術の解説FDM MOVIE施術時間と料金プロフィールアクセス
注意事項リンク集最寄の宿泊施設What's new!


Copyright (C) 2008 Japan Orthopathic Publications. All Rights Reserved.
大変重要なお願い

 2001年、フェイシャルディストーションモデル(以下FDM)の臨床実習を経、その後継者として普及活動を開始して以来、具体的な詳細を一般に公開することなく、有資格者のみへの教育や国際交流に重点を置いて参りましたが、手技療法に関連する業界でその名を高く知られるようになった今、愚か者の安易な引用による望まれない結果を防止するため、オスグットシュラッター病を例に取り、その詳細を分り易く公表いたします。


 FDMによる損傷に対する施術の即効性は、現代の一般的な常識からはなかなか信じることができないほどです。しかしそれは科学的な鎮痛作用や東洋医学的な考え方とは全く異なり、損傷のメカニズムと人体を結合する組織への作用に基づく技法であり、実際の施術現場で大きな実績を上げています(掲載の実際の映像を参照)。

 オスグット・シュラッター病やセーバー病などの骨端症は、骨折などの外傷ではありません。もちろん成長するから痛むと言うのは、あまりに納得がいかない判断です。これらの痛みは、FDMの手技のみで解決することが可能な、靭帯や腱が骨の表面に付着している部分の損傷によるものです。FDMでは、この部分を"移行ゾーン"と呼んでおり、痛みを脳に伝える神経が多く存在している場所です。FDMでは、この部分に発生する損傷を『コンテニアムディストーション』と呼んでいます。

 例えば骨にひびが入った場合、骨自体から発生する痛みは僅かなものです。実際の痛みは、靭帯や件が付着する、神経が密集した骨の表面から発生しています。したがってこの部分を修復することが出来たなら、運動機能を回復させ、骨折自体の治癒を早めることも可能です(掲載の実際の映像を参照)。

 肉離れや靭帯損傷などの場合では、過剰な力が加わることにより、筋肉や靭帯の線維が複雑に捻れてしまいます。これをFDMでは、『トリガーバンド』と呼んでおり、一般の患者さんやFDM初心者には"筋肉が縦に裂けたような状態"と説明しています。これは体の防御能力を超えた外力によって筋肉の線維が切れてしまった状態です。このような状態は、安静と時間の経過で治るのを待つと言うのが一般的な考えです。しかし切れてしまった筋肉をくっ着けることが出来たなら、早急に本来の機能を回復させ、痛みの信号を止め、正常な状態に戻すことが出来ます。それを手技により実際に行う方法は、FDM以外に存在しておりません(Hannover 大学 ホームページ参照)。
http://www.aim-hannover.de/website/movies/osteo_movie.html


 オスグットシュラッター病とは、太ももの筋肉が膝のお皿を通じてスネの骨にくっ着いている部分の損傷です。お皿の下の靭帯が損傷すると"膝蓋腱炎"となります。そこまでは一般的に知られていますが、FDMでは、この小さな部分の損傷をより細かに分析しています。過剰な運動で繰り返された牽引により、靭帯がスネの骨にくっ着いた部分の密度がに誤差が生じ、荷重に耐えられなくなった状態をオスグットシュラッター病の根本的要因であると定義します。これはコンテニアムディストーションであり、初心者講習等では"骨の表面が凸凹になった状態"と簡単に解説しております。
 成長期の骨には骨端線(骨の硬い部分と柔らかい部分の境界線)があります。この境界を境に骨の密度が異なっており、成長していく骨端部は柔らかく、したがって過剰な負担による損傷が発生しやすくなっています。また、成長期が終わりこの境界線が消失すると症状が治まる傾向にある理由もここにあります。

 FDMでは、靭帯や腱は、骨にくっ着いているのではなく、徐々に移り変わっているものと考えられています。そしてその部分や筋肉などの組織は、血管やリンパの流れと同様に、流体の循環に関与しています。それらの流体が、損傷の凸凹により循環路を阻害され滞ることにより、レントゲンで確認される石灰像や骨の破片のように見える陰の原因となります。そして靭帯が付着した部分の密度変化は、凸状に変化した部分で骨の隆起となります。凹状に変化した部分では、治癒を遅らせる不均等な骨表面を形成します。

 これらの問題の解決は、まず最初に、患部周囲に滞った流体を押し戻し、同時にその原因と一つとなっていた組織の"複雑な捻れ"を解決します。そして次に、凸状に変化した不均等な組織密度を均一に整えます。これらの方法は全て直接患部に触れることによって行われますが、凹状に変化した部分を含むケースでは、その部分を強制的に引き出すマニピュレーションと言う技術が必要となります。これらの相違を誤った不適切な技術の引用は、単に痛みを増加させる結果となります。それらの詳しい内容は、日本国内のみならず、海外においても、FDM国際シンポジュームやアメリカのオステオパシー継続医療教育のセミナー等で多くの医師、オステオパスに発表されています。


ハワイでの国際シンポジューム。依願して見学に来られた柔整師さんをモデルにオスグット・シュラッター病の施術法と理論を講義。


 殆どの損傷に対するFDMによる施術は、その目的が変化を起こした部位を正常な状態に戻すことにあるため、ある程度の痛みは避けられません。しかし長い間辛い思いを強いられるオスグットシュラッター病を克服する唯一の手技療法です。「完治に必要な施術回数は平均5回ですが、発症初期では、オスグット病のタイプが鑑別しにくいので、容易に予測できない場合があります。」と患者さんに説明するように講義しています。

 様々なスポーツ障害、そして一般的には成長が止まるまで治らないとされているオスグット病ヨハンソン病セーバー病などの骨端症を容易に治すことができたなら、それは素晴らしいことです。施術者にも患者様にも大きな利益をもたらすことでしょう。しかし、素晴らしい技術も、使う人間次第ではとんでもない物へと変化する可能性を秘めています。なかなか治らない弱みに漬け込み、リトルリーガーやジュニアサッカー選手などを相手に暴利を貪る者も現れるかもしれません。また桂林の一枝に過ぎない部分的な技術を盗作し、教育ビジネスからメリットを求める輩も現れるかもしれません。いずれにしても、被害を被るのは患者さんです。
 例えば某国のテーマパークは、ウォルト・ディズニー氏が子供たちに夢を与えるために苦労して作り上げた財産と瓜二つですが、名前を変えればオリジナルで通用すると考える社会もあります。FDMは、そのような盗作を防ぐため、商標登録がなされております。またその専門用語には著作権が発生しています。当然ながらその技術内容も、ジャパンオーソパシックパブリケイションズによって行われた講義内容にも同等の権利が発生しており、全ての参加者は、それらを了承し、制約し、参加が許される仕組みになっております。これらは全て損傷に苦しむ患者様、そして世界的規模で見た手技療法界の将来のために行われていることです。
先進国の一員として名を連ねるわが国では、決してそのようなことがあるとは思えませんが、患者様をはじめ、これから新たな手技療法の習得を目指す方、スポーツに携わる方、医学誌等の出版社の方々、各種学会関係者の方々におかれましては、本文と類似した文献や映像、宣伝、ホームページなどを発見されましたときには、何らかの行動を取られる前に必ず、FDM アジアン アソシエイション、或いは田中オーソパシックオフィスにお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

相互リンクドクター!アクセスアップ 相互リンクサイト集なら相互リンクPRO!相互リンク募集中 相互リンクDEアクセスアップ! 相互リンク NAVI

オスグット・シュラッター病オスグッド・シュラッター病オスグッド・シュラッターオスグット・シュラッターオスグット病オスグッド病オスグッドオスグットシンディン・ラーセン・ヨハンソン病シンディング・ラーセン・ヨハンソン病ラーセン・ヨハンソン病ヨハンソン病ラーセン病セーバー病セバー病ジャンパー膝ジャンパージニーシンスプリントオスグット・シュラッター病 治療法オスグッド・シュラッター病 治療法オスグッド・シュラッター 治療法オスグット・シュラッター 治療法オスグット病 治療法オスグッド病 治療法オスグッド 治療法オスグット 治療法シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 治療法シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 治療法ラーセン・ヨハンソン病 治療法ヨハンソン病 治療法ラーセン病 治療法セーバー病 治療法セバー病 治療法ジャンパー膝 治療法ジャンパージニー 治療法シンスプリント 治療法オスグット・シュラッター病 手技療法オスグッド・シュラッター病 手技療法オスグッド・シュラッター 手技療法オスグット・シュラッター 手技療法オスグット病 手技療法オスグッド病 手技療法オスグッド 手技療法オスグット 手技療法シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 手技療法シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 手技療法ラーセン・ヨハンソン病 手技療法ヨハンソン病 手技療法ラーセン病 手技療法セーバー病 手技療法セバー病 手技療法ジャンパー膝 手技療法ジャンパージニー 手技療法シンスプリント 手技療法オスグット・シュラッター病 徒手整復法オスグッド・シュラッター病 徒手整復法オスグッド・シュラッター 徒手整復法オスグット・シュラッター 徒手整復法オスグット病 徒手整復法オスグッド病 徒手整復法オスグッド 徒手整復法オスグット 徒手整復法シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 徒手整復法シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 徒手整復法ラーセン・ヨハンソン病 徒手整復法ヨハンソン病 徒手整復法ラーセン病 徒手整復法セーバー病 徒手整復法セバー病 徒手整復法ジャンパー膝 徒手整復法ジャンパージニー 徒手整復法シンスプリント 徒手整復法オスグット・シュラッター病 リトルリーグオスグッド・シュラッター病 リトルリーグオスグッド・シュラッター リトルリーグオスグット・シュラッター リトルリーグオスグット病 リトルリーグオスグッド病 リトルリーグオスグッド リトルリーグオスグット リトルリーグシンディン・ラーセン・ヨハンソン病 リトルリーグシンディング・ラーセン・ヨハンソン病 リトルリーグラーセン・ヨハンソン病 リトルリーグヨハンソン病 リトルリーグラーセン病 リトルリーグセーバー病 リトルリーグセバー病 リトルリーグジャンパー膝 リトルリーグジャンパージニー リトルリーグシンスプリント リトルリーグオスグット・シュラッター病 ジュニアサッカーオスグッド・シュラッター病 ジュニアサッカーオスグッド・シュラッター ジュニアサッカーオスグット・シュラッター ジュニアサッカーオスグット病 ジュニアサッカーオスグッド病 ジュニアサッカーオスグッド ジュニアサッカーオスグット ジュニアサッカーシンディン・ラーセン・ヨハンソン病 ジュニアサッカーシンディング・ラーセン・ヨハンソン病 ジュニアサッカーラーセン・ヨハンソン病 ジュニアサッカーヨハンソン病 ジュニアサッカーラーセン病 ジュニアサッカーセーバー病 ジュニアサッカーセバー病 ジュニアサッカージャンパー膝 ジュニアサッカージャンパージニー ジュニアサッカーシンスプリント ジュニアサッカーオスグット・シュラッター病 整骨オスグッド・シュラッター病 整骨オスグッド・シュラッター 整骨オスグット・シュラッター 整骨オスグット病 整骨オスグッド病 整骨オスグッド 整骨オスグット 整骨シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 整骨シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 整骨ラーセン・ヨハンソン病 整骨ヨハンソン病 整骨ラーセン病 整骨セーバー病 整骨セバー病 整骨ジャンパー膝 整骨ジャンパージニー 整骨シンスプリント 整骨オスグット・シュラッター病 接骨オスグッド・シュラッター病 接骨オスグッド・シュラッター 接骨オスグット・シュラッター 接骨オスグット病 接骨オスグッド病 接骨オスグッド 接骨オスグット 接骨シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 接骨シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 接骨ラーセン・ヨハンソン病 接骨ヨハンソン病 接骨ラーセン病 接骨セーバー病 接骨セバー病 接骨ジャンパー膝 接骨ジャンパージニー 接骨シンスプリント 接骨オスグット・シュラッター病 林オスグッド・シュラッター病 林オスグッド・シュラッター 林オスグット・シュラッター 林オスグット病 林オスグッド病 林オスグッド 林オスグット 林シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 林シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 林ラーセン・ヨハンソン病 林ヨハンソン病 林ラーセン病 林セーバー病 林セバー病 林ジャンパー膝 林ジャンパージニー 林シンスプリント 林オスグット・シュラッター病 森オスグッド・シュラッター病 森オスグッド・シュラッター 森オスグット・シュラッター 森オスグット病 森オスグッド病 森オスグッド 森オスグット 森シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 森シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 森ラーセン・ヨハンソン病 森ヨハンソン病 森ラーセン病 森セーバー病 森セバー病 森ジャンパー膝 森ジャンパージニー 森シンスプリント 森オスグット・シュラッター病 木オスグッド・シュラッター病 木オスグッド・シュラッター 木オスグット・シュラッター 木オスグット病 木オスグッド病 木オスグッド 木オスグット 木シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 木シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 木ラーセン・ヨハンソン病 木ヨハンソン病 木ラーセン病 木セーバー病 木セバー病 木ジャンパー膝 木ジャンパージニー 木シンスプリント 木オスグット・シュラッター病 東京オスグッド・シュラッター病 東京オスグッド・シュラッター 東京オスグット・シュラッター 東京オスグット病 東京オスグッド病 東京オスグッド 東京オスグット 東京シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 東京シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 東京ラーセン・ヨハンソン病 東京ヨハンソン病 東京ラーセン病 東京セーバー病 東京セバー病 東京ジャンパー膝 東京ジャンパージニー 東京シンスプリント 東京オスグット・シュラッター病 岐阜オスグッド・シュラッター病 岐阜オスグッド・シュラッター 岐阜オスグット・シュラッター 岐阜オスグット病 岐阜オスグッド病 岐阜オスグッド 岐阜オスグット 岐阜シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 岐阜シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 岐阜ラーセン・ヨハンソン病 岐阜ヨハンソン病 岐阜ラーセン病 岐阜セーバー病 岐阜セバー病 岐阜ジャンパー膝 岐阜ジャンパージニー 岐阜シンスプリント 岐阜オスグット・シュラッター病 立川オスグッド・シュラッター病 立川オスグッド・シュラッター 立川オスグット・シュラッター 立川オスグット病 立川オスグッド病 立川オスグッド 立川オスグット 立川シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 立川シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 立川ラーセン・ヨハンソン病 立川ヨハンソン病 立川ラーセン病 立川セーバー病 立川セバー病 立川ジャンパー膝 立川ジャンパージニー 立川シンスプリント 立川オスグット・シュラッター病 札幌市オスグッド・シュラッター病 札幌市オスグッド・シュラッター 札幌市オスグット・シュラッター 札幌市オスグット病 札幌市オスグッド病 札幌市オスグッド 札幌市オスグット 札幌市シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 札幌市シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 札幌市ラーセン・ヨハンソン病 札幌市ヨハンソン病 札幌市ラーセン病 札幌市セーバー病 札幌市セバー病 札幌市ジャンパー膝 札幌市ジャンパージニー 札幌市シンスプリント 札幌市オスグット・シュラッター病 御茶ノ水オスグッド・シュラッター病 御茶ノ水オスグッド・シュラッター 御茶ノ水オスグット・シュラッター 御茶ノ水オスグット病 御茶ノ水オスグッド病 御茶ノ水オスグッド 御茶ノ水オスグット 御茶ノ水シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 御茶ノ水シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 御茶ノ水ラーセン・ヨハンソン病 御茶ノ水ヨハンソン病 御茶ノ水ラーセン病 御茶ノ水セーバー病 御茶ノ水セバー病 御茶ノ水ジャンパー膝 御茶ノ水ジャンパージニー 御茶ノ水シンスプリント 御茶ノ水オスグット・シュラッター病 大阪オスグッド・シュラッター病 大阪オスグッド・シュラッター 大阪オスグット・シュラッター 大阪オスグット病 大阪オスグッド病 大阪オスグッド 大阪オスグット 大阪シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 大阪シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 大阪ラーセン・ヨハンソン病 大阪ヨハンソン病 大阪ラーセン病 大阪セーバー病 大阪セバー病 大阪ジャンパー膝 大阪ジャンパージニー 大阪シンスプリント 大阪オスグット・シュラッター病 月島四丁目オスグッド・シュラッター病 月島四丁目オスグッド・シュラッター 月島四丁目オスグット・シュラッター 月島四丁目オスグット病 月島四丁目オスグッド病 月島四丁目オスグッド 月島四丁目オスグット 月島四丁目シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 月島四丁目シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 月島四丁目ラーセン・ヨハンソン病 月島四丁目ヨハンソン病 月島四丁目ラーセン病 月島四丁目セーバー病 月島四丁目セバー病 月島四丁目ジャンパー膝 月島四丁目ジャンパージニー 月島四丁目シンスプリント 月島四丁目オスグット・シュラッター病 昭島オスグッド・シュラッター病 昭島オスグッド・シュラッター 昭島オスグット・シュラッター 昭島オスグット病 昭島オスグッド病 昭島オスグッド 昭島オスグット 昭島シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 昭島シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 昭島ラーセン・ヨハンソン病 昭島ヨハンソン病 昭島ラーセン病 昭島セーバー病 昭島セバー病 昭島ジャンパー膝 昭島ジャンパージニー 昭島シンスプリント 昭島オスグット・シュラッター病 本巣市オスグッド・シュラッター病 本巣市オスグッド・シュラッター 本巣市オスグット・シュラッター 本巣市オスグット病 本巣市オスグッド病 本巣市オスグッド 本巣市オスグット 本巣市シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 本巣市シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 本巣市ラーセン・ヨハンソン病 本巣市ヨハンソン病 本巣市ラーセン病 本巣市セーバー病 本巣市セバー病 本巣市ジャンパー膝 本巣市ジャンパージニー 本巣市シンスプリントオスグット・シュラッター病 福岡オスグッド・シュラッター病 福岡オスグッド・シュラッター 福岡オスグット・シュラッター 福岡オスグット病 福岡オスグッド病 福岡オスグッド 福岡オスグット 福岡シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 福岡シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 福岡ラーセン・ヨハンソン病 福岡ヨハンソン病 福岡ラーセン病 福岡セーバー病 福岡セバー病 福岡ジャンパー膝 福岡ジャンパージニー 福岡シンスプリント 福岡オスグット・シュラッター病 北九州オスグッド・シュラッター病 北九州オスグッド・シュラッター 北九州オスグット・シュラッター 北九州オスグット病 北九州オスグッド病 北九州オスグッド 北九州オスグット 北九州シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 北九州シンディング・ラーセン・ヨハンソン病 北九州ラーセン・ヨハンソン病 北九州ヨハンソン病 北九州ラーセン病 北九州セーバー病 北九州セバー病 北九州ジャンパー膝 北九州ジャンパージニー 北九州シンスプリント 北九州オスグット・シュラッター病 サポーターオスグッド・シュラッター病 サポーターオスグッド・シュラッター サポーターオスグット・シュラッター サポーターオスグット病 サポーターオスグッド病 サポーターオスグッド サポーターオスグット サポーターシンディン・ラーセン・ヨハンソン病 サポーターシンディング・ラーセン・ヨハンソン病 サポーターラーセン・ヨハンソン病 サポーターヨハンソン病 サポーターラーセン病 サポーターセーバー病 サポーターセバー病 サポータージャンパー膝 サポータージャンパージニー サポーターシンスプリント サポーターオスグット・シュラッター病 テーピングオスグッド・シュラッター病 テーピングオスグッド・シュラッター テーピングオスグット・シュラッター テーピングオスグット病 テーピングオスグッド病 テーピングオスグッド テーピングオスグット テーピングシンディン・ラーセン・ヨハンソン病 テーピングシンディング・ラーセン・ヨハンソン病 テーピングラーセン・ヨハンソン病 テーピングヨハンソン病 テーピングラーセン病 テーピングセーバー病 テーピングセバー病 テーピングジャンパー膝 テーピングジャンパージニー テーピングシンスプリント テーピングオスグット・シュラッター病 ストレッチオスグッド・シュラッター病 ストレッチオスグッド・シュラッター ストレッチオスグット・シュラッター ストレッチオスグット病 ストレッチオスグッド病 ストレッチオスグッド ストレッチオスグット ストレッチシンディン・ラーセン・ヨハンソン病 ストレッチシンディング・ラーセン・ヨハンソン病 ストレッチラーセン・ヨハンソン病 ストレッチヨハンソン病 ストレッチラーセン病 ストレッチセーバー病 ストレッチセバー病 ストレッチジャンパー膝 ストレッチジャンパージニー ストレッチシンスプリント ストレッチ