トップページへ。シンスプリントオスなどのスポーツ障害や体の痛みを解決する田中オーソパシックオフィスのホームページです。 シンスプリントなどのスポーツ障害や体の痛みを解決する田中オーソパシックオフィスのアニメーションです。
The Fascial Distortion Model (FDM) is am anatomical perspective in which the underlying etiorogy of virtually musculoskeletal injury is considered to be comprised
of one or mere of six specific pathological alterations of the body's connecting tissues.
 
田中オーソパシックオフィス 〒824−0038 福岡県行橋市西泉3−17−1 TEL 0930−23−8851
良くある質問お問い合わせサイトマップ 
 田中オーソパシックオフィスの公式ホームページ
トップページ>(disorder)>シンスプリント>解説2
☆FDMとは?
☆施術の説明
☆FDM MOVIE
☆施術時間と料金
☆プロフィール
☆アクセス
☆注意事項
☆リンク集
☆最寄の宿泊施設
☆What's new!
 【FDMでは】

シンスプリントの解決法は? FDMでは、シンスプリントは脛骨(スネの骨)内側に生じた小さな“傷”の集積であると考えます。その傷は繰り返された運動刺激によって作られたものです。簡単に考えればその反対方向の力を適用すれば、手技で修復可能と言う事になります。したがってその施術も患部を直接触る必要があります。

 FDMでの施術の目的は、正常ではなくなった部分を手技で直接元に戻すことです。当然施術に伴う痛みは少なくありませんが、元に戻す、そしてそれは治すと言うことですので当然のことです。

 当院を訪れた多くのシンスプリントの患者さんは、その以前に色々な所に治療に行ったと言います。しかしその結果は「疲労骨折」と言われ「ストレッチしなさい」、「貴方の偏平足が原因だ」など、全く進歩の無い念仏を繰り返され、うんざりしています。だから直接的な痛みを伴う治療が本物であると言うことを知っています。そしてその結果は明らかに進歩的なものです。



シンスプリントのトップページへ戻る
 【どのくらいの期間で治るのですか?】

シンスプリントが治るまで。 初回の施術の後、約半分の人が軽減を感じることが出来ますが、他の人は痛みの悪化を感じます。そして翌日の特に午前中は痛みが残っていると予想できます。しかしその日の午後、少なくとも翌日には、施術前の痛みに比べ半分、或いはそれ以下になったと言う患者さんが殆どです。そして完全に症状がなくなるまで4回前後必要ですが、施術自体の痛みは回数に反比例して減少していきます。

 再発について

 集中的に運動をされる患者さんは、約一年でで再発し来院します。しかし「悪くなれば行橋」と知っていますので、ごく早めに来院され、1〜2回の施術で終了することが出来、直後の再発もありません。



シンスプリントのトップページへ戻る
管理者 田中啓介,FDM.O. (たなかけいすけ)

TOP
▽頭痛
▽鞭打ち症
▽五十肩
▽肩凝り
▽腰痛
▽坐骨神経痛
▽椎間板ヘルニア
▽脊柱管狭窄症
▽スポーツ障害
▽野球肩
▽野球肘
▽テニス肘
▽股関節の痛み
▽肉離れ
▽オスグット病
▽ジャンパー膝
▽シンディン・ラーセン・
  ヨハンソン病
▽シンスプリント
▽足首捻挫
▽セバー病
田中オーソパシックオフィス 〒824−0038 福岡県行橋市西泉3−17−1 TEL 0930−23−8851
FDMとは施術の解説FDM MOVIE施術時間と料金プロフィールアクセス
注意事項リンク集最寄の宿泊施設What's new!


Copyright (C) 2008 Japan Orthopathic Publications. All Rights Reserved.