トップページへ。シンスプリントオスなどのスポーツ障害や体の痛みを解決する田中オーソパシックオフィスのホームページです。 シンスプリントなどのスポーツ障害や体の痛みを解決する田中オーソパシックオフィスのアニメーションです。
The Fascial Distortion Model (FDM) is am anatomical perspective in which the underlying etiorogy of virtually musculoskeletal injury is considered to be comprised
of one or mere of six specific pathological alterations of the body's connecting tissues.
 
田中オーソパシックオフィス 〒824−0038 福岡県行橋市西泉3−17−1 TEL 0930−23−8851
良くある質問お問い合わせサイトマップ 
 田中オーソパシックオフィスの公式ホームページ
トップページ>(disorder)>シンスプリント>解説1
☆FDMとは?
☆施術の説明
☆FDM MOVIE
☆施術時間と料金
☆プロフィール
☆アクセス
☆注意事項
☆リンク集
☆最寄の宿泊施設
☆What's new!
 【現代医学では】

 シンスプリントとは、脛骨(すねの骨)後面の筋肉が付着している部分に、運動により繰り返される機械的刺激が加わり痛みが発生する損傷です。比較的軽い初期の状態では“骨膜の炎症”といわれますが、無理を続けると最終的には疲労骨折に至る疾患です。
シンスプリント 一般的考え。
 陸上、バレーボール、バスケってボールなど、跳躍やランニングを繰り返すスポーツに起因する傷害です。実際には、その激しい痛みから運動を制限せざるを得ないため、疲労骨折に至る前に、(脛骨過労性骨膜炎と言われる状態)運動の休止を余儀なくされるようです。

 治療法は、オスグット病ジャンパー膝などの疾患と同様に運動を制限し、一般的に知られるストレッチや運動療法、そしてアイシングなど、直接的な処置は無いようです。結局痛みが出れば「休むか我慢」と言うことになります。


シンスプリントのトップページへ戻る
 【他の民間療法では】
 整骨院などの保険適用私設では、やはり一般的なストレッチや電気治療が主な処置となります。入念なテーピングなどで補強を試みますが、症状が出ないほどの十分な補強は難しいようです。

シンスプリントと民間療法? その他の民間療法では、「骨盤のズレに原因がある」などと言った見当違いの理由から、無意味な矯正をされる患者さんが多くいますが、シンスプリントと骨盤は全く関係ありません。それは最低限度の常識であり、施術を行う側も知っているはずです。残念ながら単に通わされただけに過ぎません。


シンスプリントのトップページへ戻る
 【ストレッチ】
シンスプリントとストレッチ。 シンスプリントは、“運動により繰り返される牽引が原因である”とされています。これは医学書や家庭の医学などの一般的な本で調べても必ず書かれていることです。したがってどのホームページを見ても似たようなことをコピーしています。しかしその一方では、患部に関連する部分のストレッチを推奨しています。この事実には大きな矛盾が生じているのですが、それを疑問に思う者はいないようです。

 オスグット・シュラッター病シンディン・ラーセン・ヨハンソン病セーバー病、そしてジャンパー膝などの疾患でも同様のことが言えますが、牽引によって発生した疾患に更にストレッチで牽引を与えることが果たして本当に良いことだと言えるのでしょうか? その答えは“NO”であると断言します。全ての牽引を推奨する媒体が間違であると言えます。その証拠にストレッチをすると痛みます。

 「ストレッチが良い」と書かれているから何も疑問を持たずに人様に実践させる行為は全く無責任な行為であり、進歩のかけらも見られない人間のすることです。無理なストレッチを行い、悪化させないように気をつけてください。


シンスプリントのトップページへ戻る
管理者 田中啓介,FDM.O. (たなかけいすけ)


TOP
▽頭痛
▽鞭打ち症
▽五十肩
▽肩凝り
▽腰痛
▽坐骨神経痛
▽椎間板ヘルニア
▽脊柱管狭窄症
▽スポーツ障害
▽野球肩
▽野球肘
▽テニス肘
▽股関節の痛み
▽肉離れ
▽オスグット病
▽ジャンパー膝
▽シンディン・ラーセン・
  ヨハンソン病
▽シンスプリント
▽足首捻挫
▽セバー病
田中オーソパシックオフィス 〒824−0038 福岡県行橋市西泉3−17−1 TEL 0930−23−8851
FDMとは施術の解説FDM MOVIE施術時間と料金プロフィールアクセス
注意事項リンク集最寄の宿泊施設What's new!


Copyright (C) 2008 Japan Orthopathic Publications. All Rights Reserved.