トップページへ。ジャンパー膝やオスグット病などのスポーツ障害や体の痛みを解決する田中オーソパシックオフィスのホームページです。 トップページへ。ジャンパー膝やオスグット病などのスポーツ障害や体の痛みを解決する田中オーソパシックオフィスのアニメーションです。
The Fascial Distortion Model (FDM) is am anatomical perspective in which the underlying etiorogy of virtually musculoskeletal injury is considered to be comprised
of one or mere of six specific pathological alterations of the body's connecting tissues.
 
田中オーソパシックオフィス 〒824−0038 福岡県行橋市西泉3−17−1 TEL 0930−23−8851
良くある質問お問い合わせサイトマップ 
 田中FDMオフィスの公式ホームページ ジャンパー膝
トップページ>(disorder)>ジャンパー膝
☆FDMとは?
☆施術の説明
☆FDM MOVIE
☆施術時間と料金
☆プロフィール
☆アクセス
☆注意事項
☆リンク集
☆最寄の宿泊施設
☆What's new!
2010年度
セミナー開催予定
FDM International
Symposium 開催報告


・国際会議
・FDM国際セミナー
・国際交流観光旅行

【ジャンパー膝】

 ジャンパー膝(Jumper's Knee)とは、特にバスケットやバレーボールなどの高く跳躍するスポーツに非常に一般的な損傷です。膝の使いすぎによりその周囲の筋肉や靭帯などに小さな断裂が生じ、痛みを発生させます。また、オスグッド シュラッタ−病などもジャンパー膝の一つとされています。

【現代医学では】

 この損傷の性質から他の手技療法の領域外であることが判断できます。繰り返された膝への負担から生じる組織の損傷は、骨盤や背骨の“ズレ”とは全く関係がありません。また、補助的なアプローチ、低周波、温熱、冷却、テーピングなどと言った処置を繰り返したとしても、全体重を支える膝の損傷が短期間で治癒することはありません。結局、十分な能力を発揮することが出来ないまま、運動選手にとって最も重要で有意義な時間を無駄にする結果となります。

 何れにしても、スポーツ選手は根本的にその競技を愛好しており、目標を持っています。したがって長期のスポーツ活動の制限、或いは中止と言う非積極的な決断は、彼らの望むものではありません。


【FDMでは】

 フェイシャルディストーションモデルでは、その矯正的矯正によって正常化させることにあるので、明らかな即効性を与えることが可能です。それは膝に発生した損傷を、単に“跳ぶ人の膝”として片付けるのではなく、存在する組織の変化を識別し、そして適切な方法で直接正常化させることが出来るからです。

管理者 田中啓介,FDM.O. (たなかけいすけ)
TOP
▽頭痛
▽鞭打ち症
▽五十肩
▽肩凝り
▽腰痛
▽坐骨神経痛
▽椎間板ヘルニア
▽脊柱管狭窄症
▽スポーツ障害
▽野球肩
▽野球肘
▽テニス肘
▽股関節の痛み
▽肉離れ
▽オスグット病
▽ジャンパー膝
▽シンディン・ラーセン・
  ヨハンソン病
▽シンスプリント
▽足首捻挫
▽セバー病
田中オーソパシックオフィス 〒824−0038 福岡県行橋市西泉3−17−1 TEL 0930−23−8851
FDMとは施術の解説FDM MOVIE施術時間と料金プロフィールアクセス
注意事項リンク集最寄の宿泊施設What's new!


Copyright (C) 2008 Japan Orthopathic Publications. All Rights Reserved.